Top >  拒食症と過食症 >  過食症について

スポンサードリンク

過食症について

過食症は、食べ物を受け付けなくなる拒食症と正反対のように見えますが、その根底に潜む心理は共通していると考えられています。過食症の場合もダイエットがきっかけで、1年以上食べずにいた甘いものを、ひと口食べた途端過食が始まってしまったというケースが多いようです。また、過食症の場合は、痩せる一途を辿る拒食症と違って、痩せては太る。というリバウンドを繰り返すケースが多く見られるようです。例えば、食べる時には、冷蔵庫の中身をすべて残さず食べつくしてしまう。スナック菓子を一度に10袋も食べてしまう。など異常な量の食べ物を口に入れようとする行動が見られます。

また、拒食症と違って、カロリーの高いものでも気にせず口にしますが、美味しいと感じたり、満足感は得られずに、すぐ食べたことに対する後悔の念に襲われてしまいます。その結果、下剤を使用したり、指を口に突っ込んで吐いたりという行動をするようになるようです。そして、自分で食欲を管理できない自己嫌悪から、少しずつ精神状態が悪くなっていき、うつ状態になる場合もあります。このような症状が出始めると、自覚症状も現れて、自ら病院に行く人も多いようですが、完治するまでには相当な時間がかかると思われます。

 <  前の記事 拒食症の傾向  |  トップページ  |  次の記事 過食症や拒食症と心の問題  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「女性の健康情報サイト J-健康.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。