Top >  拒食症と過食症 >  拒食症の傾向

スポンサードリンク

拒食症の傾向

自分で食欲のコントロールが出来ず、自分は太っているという思いに縛られて、食事を極端に節制してしまう状態を拒食症と呼ぶようですが、この拒食症の場合、体は段々痩せていくのに、逆に活動的になっていくといった反比例な状態になるという特徴があります。熱心に仕事に取り組んだり、いくつもの習い事を始めたりと、ポジティブに活動しているように見えるので、周囲の人たちも元気であると勘違いをしてしまうようです。ですが、この状態まで進んでくると、心だけの問題だけでなく、体にも問題が起こってきます。ホルモンバランスが崩れ、月経が止まったり、骨粗しょう症を発症したり、更年期障害のような症状が見られる場合もあるようです。また、脳内物質の関係により、食べようとしても食べることができなくなり、栄養が摂取できなくなります。進行すると、場合によっては命までも危うくなるといった状態となり得るので、本当に怖い病気だと考えられます。男性よりはるかに女性の方が発症しやすく、誰にでもかかる可能性がある病気であると言えるでしょう。

 <  前の記事 拒食症と過食症  |  トップページ  |  次の記事 過食症について  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「女性の健康情報サイト J-健康.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。