Top >  拒食症と過食症 >  拒食症と過食症

スポンサードリンク

拒食症と過食症

痩せて美しくなりたい。ダイエットをして痩せたいなどの願望は女性なら誰にでもあると思いますが、この思いが強く、自分で食欲のコントロールができないようになってくると、拒食症という病気のおそれがあります。この拒食症の病気が進んでいくと、外食なら食べても良い。一人の部屋なら食べても良い。などと思い、家族が寝静まってから盗み食いをするなどの反動的な行動が見られるようになってきます。しかし、食べてしまった後には、食べたことに対する罪悪感と、肥満への恐怖から、下剤を使用したり、吐くなどして摂取してしまったカロリーをなかったことにするといった行動を取るようになります。このような状態が続くと、当然のように痩せてきますが、綺麗になるどころか病的な痩せ方をするので、周囲の人達は心配して、注意をしますが、本人は痩せているといった意識は無く、もっと痩せなければと思い、このような行動を繰り返し行なうようです。自分が拒食症や過食症であるということに気づく事は無く、診断が下りても絶対に認めないという人が、多くいるようです。

 <  前の記事 拒食症について  |  トップページ  |  次の記事 拒食症の傾向  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「女性の健康情報サイト J-健康.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。