Top >  拒食症と過食症 >  拒食症について

スポンサードリンク

拒食症について

女性の誰もの望みであると考えられる美しさへの願望ですが、美しさ=痩せているという考えを持っている方が大勢居ると思われます。しかし、痩せたいと思うあまり、一生懸命に食事制限などをしてダイエットを繰り返し、いつの間にか自分で食欲をコントロールできないという状態に陥ってしまうといったこともあります。このような状態に陥ってしまうと、拒食症という摂食障害の病気となっていることが多く、治療が必要となってきます。

この拒食症の典型的な症状は、文字通り食べることを拒むという症状です。ダイエットから始まることが多く、その根底には肥満への恐怖心のような感情があると言われています。痩せたい、自分は太っているといった思いが強く、カロリーの高いものは絶対に食べようとはしません。しかし、食欲は本能的なものであるため、完全に抑えることはできません。よって、逆に食べるということに執着し、綿密なカロリー計算を繰り返すという状態が続きます。

拒食症は、自分で気がつくことはなく、治療が遅れると命の危険にも及ぶ場合がありますので、注意が必要と言えます。また、過食症とを繰り返すという症状の人も多くいるようです。

トップページ  |  次の記事 拒食症と過食症  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「女性の健康情報サイト J-健康.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。