Top >  不妊症 >  不妊症の原因〜その2

スポンサードリンク

不妊症の原因〜その2

「着床ができない」という状態は、排卵があり、受精もうまくいったにもかかわらず、着床ができないという状態のことで、残念ながらこの状態では妊娠することが不可能です。原因としては、子宮筋腫などによる子宮内膜の不安定さや、黄体機能不全による子宮内膜の発育の悪さなどが原因だとされています。この他、「頸管粘液の不足」が原因となるそうですが、子宮頸管から分泌される粘液は、通常細菌などの異物の侵入を防いでいますが、排卵の時だけ精子に対して、粘液の性質が変わり精子を通りやすくします。しかしこの粘液が不足したり、精子に対する抗体(抗精子抗体)が生産されてしまうと精子は通れず、子宮内へ進むことが出来なくなります。そして、このことが原因となり受精しにくくなってしまうということです。また、精神的ストレスからも子供ができないことに繋がる可能性があるようです。子供がなかなか出来ないことで、周囲からあれこれ言われることが精神的ストレスになり得るので、精神的ストレスを緩和できるような治療やカウンセリングなどが有効だとされています。海外では、不妊治療に心理療法を取り入れて成果をあげている例もあるようです。

 <  前の記事 不妊症の原因〜その1  |  トップページ  |  次の記事 男性の不妊症  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「女性の健康情報サイト J-健康.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。