Top >  膀胱炎 >  膀胱炎〜その3

スポンサードリンク

膀胱炎〜その3

膀胱炎と診断された場合は、まず安静にして体力の回復をはかり、細菌に対する抵抗力をつけることを心掛けましょう。下腹部を冷やさないように、保温を心掛けることも効果的です。その上で、水分をたっぷりと摂り、排尿を促すようにしましょう。これは、尿と一緒に細菌も排出するためと、炎症を起こしている膀胱を刺激しないように、尿の濃度を薄くするために行ないましょう。尿意を感じたら、速やかに排尿することも大切で、水分をたくさん摂り、排尿の回数を増やすように心掛けましょう。

アルコールや香辛料などの刺激物は、炎症を起こしている部位を刺激して、痛みを強くしてしまう場合があるので、できるだけ避けるようにしましょう。また、治療の途中で膀胱炎の症状が無くなっても、自己判断をして薬の服用を止めたり、水分を摂るのを止めるなどをしないで、きちんと完治するまで医師の指示に従って、治療をするようにしましょう。膀胱炎は命に関わるような心配のある病気では無いですが、放置しておくと腎盂炎などの病気を併発する場合もあるので、きちんと治療をするようにしましょう。

 <  前の記事 膀胱炎〜その2  |  トップページ  |  次の記事 乳がん〜その1  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「女性の健康情報サイト J-健康.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。