Top >  膀胱炎 >  膀胱炎

スポンサードリンク

膀胱炎

膀胱は、腎臓で作られた尿を、尿管を通った後で一度溜めておくための器官です。尿が溜まると膨らみ、伸縮自在の器官です。一般的には、膀胱に尿が200ml〜300ml程溜まると、膀胱に分布する知覚神経が刺激され、尿意を催すと考えられています。膀胱炎とは、この膀胱が、細菌に感染して炎症を起こした状態を言います。特に女性は、排尿のための出口である外尿道口と、膀胱を?いでいる尿管が3〜4cmと短く(男性は約16cm)直線的であるため雑菌が膀胱に入りやすくなっているので、膀胱炎は男性より女性の方が圧倒的に多いとされています。

この膀胱炎のよくある症状としては、排尿の回数が増える(頻尿)、排尿の時で特に終わりごろに下腹部が痛む、尿がにごる、排尿後残尿感があるなどの症状が見られます。また、膀胱炎は非常に再発しやすい病気で、完治したように見えても、実は原因菌が残っていたり、再度感染してしまったりするようです。膀胱炎は、さほど命に関わるような病気ではありませんが、治療を怠って放置しておくと、腎盂炎等を引き起こしたりするので、きちんと治療を行なうことが必要だと言えるでしょう。

 <  前の記事 腎盂炎  |  トップページ  |  次の記事 膀胱炎〜その2  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「女性の健康情報サイト J-健康.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。