Top >  むくみ・貧血 >  貧血とヘモグロビン

スポンサードリンク

貧血とヘモグロビン

私達が元気に活動できているのは、食事から摂取した栄養素を体内で燃焼しているからです。その時に欠かせないものが酸素であり、その酸素を体の各細胞に運ぶという大切な役目をしているものが、赤血球の中にある血色素(ヘモグロビン)と呼ばれるものです。このヘモグロビンが減少してしまうと、体に十分な酸素を行き渡らせることができなくなります。その結果、全身の倦怠感、めまいや動悸、息切れ、頭痛などの症状が現れてくるようになります。この症状が貧血と呼ばれるものですが、このような症状が現れる頃には、貧血がかなり重い状態であることが多いので、早めに専門の医療機関で診察を受けましょう。検査で、貧血だと診断された場合には治療が必要となってきますので、医師の指示に従って、早めの治療をお勧めします。WHO(世界保健機構)での、ヘモグロビンの量の正常値は、12g/100mlとされているので、これ以下の数値の場合は貧血であるということが言えるでしょう。

 <  前の記事 貧血  |  トップページ  |  次の記事 貧血の種類  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「女性の健康情報サイト J-健康.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。