Top >  むくみ・貧血 >  むくみと水分

スポンサードリンク

むくみと水分

むくみというと、水分の取りすぎだと考えて水分の摂取を極端に控える方もいらっしゃいますが、これは効果から言えば逆効果です。腎臓の動きが正常であれば、余分な水分は尿となって体外に排出されます。ですので、水分を摂らないと、体は逆に水分を確保しようとして、水分を滞留しようとします。これがさらにむくみを増す原因となるわけです。したがって、むくみ気味の時こそ、新鮮な水分をたっぷり摂って、滞っている水分を流し出すようにすると良いでしょう。また、もうひとつ気をつけることあります。それは塩分についてです。塩分は、体内で水分と結びついて留まらせる働きをするので、むくみ解消には塩分を控えることも効果につながっていきます。塩分を体外に排出させる働きをする、カリウムを摂るもの効果があります。カリウムは、フルーツやじゃがいもなどに多く含まれているようです。この他、日頃から軽い運動をしたり、お風呂にゆっくりと入るなどをして、全身の血液循環を良くすることにより、むくみにくい体質へと改善することも大切でしょう。マッサージやツボ押し、ヨガなどでもむくみに効果があるとされているので、自分にあった健康法を見つけてみるのも良いでしょう。

 <  前の記事 むくみと病気  |  トップページ  |  次の記事 貧血  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「女性の健康情報サイト J-健康.com」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。